整体リラクゼーションリフレックス

大村市の整体リラクゼーション。腰痛・肩こり専門店

ギックリ腰

2019年3月7日

ぎっくり腰を経験すると、その後の1年間で約1/4の患者さんが再発するといわれています。

再び苦しまないためにも、しっかりと再発防止に取り組むことが大切です。再発を予防するためにすべきことは、主に4つ。

無理な姿勢をとらない

腰に負担がかかるような姿勢を避けましょう。代表的には前かがみの姿勢です。

ストレスを軽減する

ストレスが続くと痛みに敏感になります。音楽や食べ物など、自分の好きなものを生活に取り入れ、 ストレスを軽減しましょう。

肥満を防ぐ

肥満があると体重が重い分、腰に負担がかかって腰痛が起こりやすくなります。

適度な運動を行う

痛みがなくなって完治した後に、体を動かすことは、腰をいたわるという意味で効果が期待されます。

ギックリ腰になる原因とは

ギックリ腰 | 腰痛

朝からぎっくり腰になってしまった…なぜ定期的にぎっくり腰になってしまうんだろう…

このような方も多いんではないでしょうか?

本日も仕事の方がたくさんいると思いますが、昨日の疲れが今日の朝に出てぎっくり腰になってしまう方もいるのではないでしょうか?当院に来るギックリ腰の方でそんな方が多いんです。

普段から腰痛があり、時にぎっくり腰になってしまう方には必ず腰痛になる土台があります。

その土台をなくすことで、慢性的な腰痛やぎっくり腰を防ぐことができますので、その解決方法についてお話していきます。

ぎっくり腰になる原因で多い理由

朝にぎっくり腰になってしまう理由でもっとも多いのが、夜に寝ている時は日中とは違って身体を動かさずに休めているため、筋肉の中を通る血液の流れが落ち着くため、朝方がどうしても身体がこわばって硬くなるからです。

普段から筋肉の硬さがある方=ストレッチやトレーニングなどのセルフケアをしていない方は、寝ている間に朝方にかけて身体がカチカチに固まっていきます。

そうなることで、朝起き掛けの体は硬くて冷え切った状態になっているので、筋肉自体にも柔軟性がなくなっているため身体を急に伸ばしたり力を入れると痛めやすい状態になっています。
体温を朝に測るのも身体が一番冷めている状態だからですね。

ストレッチってやっぱり大事?

普段から運動不足や、逆に運動し過ぎでオーバーワークの方は筋肉に疲労が溜まって、身体が徐々に硬くなっていきます。
そうなることで、筋肉の柔軟性がなくなっていき、血液やリンパなどの体液循環自体が衰えていくんですね。

ここで大切なのが、血液です。

血液はご存知の通り、動脈では酸素と栄養素を身体中に循環させて、静脈では二酸化炭素と老廃物を排出してくれます。
この血液が人間の体を修復してくれる大きな役割をしてくれることを忘れてはいけません。
ですので、血液循環並びに、体液循環を改善することが必要になってきます。

その血液循環を促すためにはストレッチが必要になってきます。

腰痛に対してのストレッチはこちらから↓

簡単!腰痛を治したい時に鍛える筋肉と5つのストレッチ方法

腰痛の方は上記のストレッチを参考にしてみてくださいね!

まとめ

慢性的な腰痛やぎっくり腰になるとなかなか治りにくいですし、辛いですよね。

そうならないためにも、事前に身体の状態を整えておくことが必要になってきます。

ストレッチをすることで、筋肉を柔らかくして、更に継続することでその状態をキープすることができますので、今日お話したことを参考にストレッチをしてみてくださいね!

アクセス

〒856-0832
大村市本町462-1 ファッションビル三原 101

  • 電話

平日 10:00~24:00(最終受付22:30)

駐車場は近くのコインパーキングをご利用ください

地図アプリで見る